巾木について

2019/03/25

こんにちは!内装リフォーム、クリーニング、運送会社のSDインテリアです!寒さも和らぎ暖かくなってきましたね。私は花粉症なので今の時期はとても辛いです・・・。春になり始めて桜も咲き始めたところもあると思いますがお花見なんかもいいですね(⌒∇⌒)桜と梅は少し似ていて去年は間違えて梅の下でお花見してしまいました。

最近は天気がすごくいいので休憩中にみんなで野球をしたりサッカーをしたりドッチボールをしたり体を動かして息抜きをしています!SDの皆さん仲が良くて仕事も熱心で活力をもらっています!

では内装のお話になるのですが、皆さん巾木をご存知でしょうか?職人さんや建築関係の方はよく耳にすると思いますが一般的にはあまり浸透していない言葉かもしれません。ですが皆さんの身近にあるもので必ず目にしているはずです。

巾木とは床と壁が接する間に設置される建設材のことなんです。目にしているものの巾木を意識することはあまりないですよね💦せっかくなので巾木の役割を説明していきたいと思います!

まず1つめに、壁を守ってくれます✨

巾木がついている部分は人がぶつかりやすかったり、壊れやすかったり、汚れやすいデリケートな場所です。小さいお子さんがいる方やペットを飼っている方など私たち大人が接しない分気づきにくいと思いますが目線を変えてみると損傷しやすい位置だと分かると思います。なので壁が壊れないように修理を重ねなくて済むように設置されているものなんです。

そして2つめに、見栄えを良くしてくれます✨

壁と床が接する部分に巾木がなかったらどうでしょう?締りが悪く不自然に見えます。巾木はデザインも様々で部屋全体をオシャレにしてくれます。

巾木は基本2種類に分かれていてソフト巾木と木巾木があります。ソフト巾木はビニル製で柔らかく薄いです。お家によっては壁が90度ではなく、曲がっている壁もあります。そんなお家にはソフト巾木がぴったりです!軟質ビニル製なのでどんな壁にも対応してくれます。

一方、木巾木は木製でソフト巾木よりも厚みがあり木造住宅などによく使われています。角は木製なので曲げることが出来ない代わりに木製のコーナーキャップが付けられています。

ソフト巾木か木巾木かメリット、デメリットが場所によって異なるのでわからないことがあればSDインテリアにご相談ください!

巾木以外もクリーニング、運送のことなど何か気になることがあればご連絡おまちしております。